「はち」走り書き

その路地を右へ。

子供の頃。いつもの帰り道。
暗くなってくるとなんとなく、早歩きから小走りへ。

c0170208_7335852.jpg

遠くに、家々の窓の灯りを見つけるとなぜかホッとした。
そんなことを、想いだした。
日暮れの時間。

October.5.2008@Sinnonome
© Copyright 2008 Nori@Hachi All Rights Reserved.

[PR]
by otaru-hachi | 2008-10-06 07:38