「はち」走り書き

吹く風は、南風。


c0170208_20361428.jpg


ぶわんぶわんと、風が鳴る。
雲がぐいぐい変わっていく。
春一番と見た。


この道路の風よけも、カタカタと降ろされるのであろう。
風の方向を見るがごとき、雲の動きの一日。



March.16.2009@R5
© Copyright 2008-2009 Nori@Hachi All Rights Reserved.

[PR]
by otaru-hachi | 2009-03-17 20:41